2008年10月25日土曜日

ジャーマンテオルボの活路

最近、ジャーマンテオルボ(Jorge Sentieiro作)をほとんど使っていません。放っておいてももったいないので、アーチリュートかテオルボの代用としてでも使えるように、弦を張り替えてみようかなと....。
まず、弦のゲージを調べるところから。

そう言えば、7月と8月にハイビジョン クラシック倶楽部でベニス・バロック・オーケストラの演奏会(2005年9月16日, 東京芸術劇場にて収録)が放映されましたが、使われていたリュートはジャーマンテールボ(スワンネック)のようで、弦はシングルで張られていました。

調弦はどうしていたのか分かりませんが、私が考えていることはそんなにおかしいことではないようで。

0 件のコメント: