2016年9月29日木曜日

Master concert at Schola Cantorum Basiliensis

バーゼルスコラのマスターコンサート
イタリア初期バロック音楽が歴史的フィクションで装われて演じられています。
1時間14分40秒あたりでホピーが現れて何かイタリア語でしゃべってサインを求めています。ジョークの様で笑いが沸いていますが、語学の壁のため面白さが分かりませんでした。
ちなみに、Lukas Henningが使っているキタローネは私のテオルボと同じ製作家Paolo Busatoが作ったものです。


0 件のコメント: