2016年3月8日火曜日

Django Tablature Editor(2)

大譜表(高音部譜:ト音、低音部譜:ヘ音)を使い、低音部に通奏低音の数字を書きたいとき、楽器としてピアノを設定すると、高音部には数字を書いて表示できるが、低音部には書き込んでも表示されない。
この場合、高音部と低音部は個別の楽器を指定するとよい。バイオリンとバスビオールなど。
タブラチュアのフォント指定はInstrument option → tablature → signature font からではできない。
など、色々分かってきました。
まだまだ、分からないことは沢山ありますが、通奏低音のリアライゼーションの練習を目的にLa Montfermeilをタイプしてみました。
















0 件のコメント: