2014年8月30日土曜日

Jean-Henry d'Anglebert (1629-1691)

Jean-Henry d'Anglebert (1629-1691)は、Jean-Baptiste Lully(1632-1687)やJacques Gallot(1625-1695)、Charles Mouton(1626?-1710?)とほとんど同世代の作曲家で、このクラヴサン曲集Pièces de clavecin(1689)しか残していないそうです。
『バロックから初期古典派までの音楽の奏法』によれば、すぐに消えてしまうリュートの音を保持するための装飾法がクラブサンでも重宝されているとあり、大いに参考になります。

Player : Hanneke van Proosdij
Instrument : Double manual harpsichord by Kevin Fryer after Ioannes Ruckers 1624 “Colmar”
Temperament: Meantone

D'Anglebert: Prelude in D Minor; Hanneke van Proosdij, harpsichord



D'Anglebert: Sarabande Grave in D Minor; Hanneke van Proosdij, harpsichord



0 件のコメント: