2014年2月11日火曜日

Carnauba Cream

セラックニス塗装のリュートのボールは柔らかいので、ケースの内張り(Lining)がベルベットであっても、ケースに入れておくだけで、生地の目地が塗装面に移ってしまい見映えが悪くなります。
2000番から4000番のコンパウンドで表面を滑らかにした後(やり過ぎは禁物ですが)、カルナバワックスで保護するようにしました。
何度かに分けてポリッシュするのが良いようです。



0 件のコメント: