2013年8月18日日曜日

ルネッサンスリュートの弦を交換

ルネッサンスリュートの弦を交換しました。これまでAquilaを中心に使ってきましたが、今回、Gamutを試してみます。
ただし、6コース、7コースのPistoygutはまだ入手できておらず、AquilaのLoadedgutのままです。

     1        g'             T40V
     2   d'   d'   T46V   T46V
     3   a   a    T60     T60
     4   f    f    T72     T72
     5   c   c    T92     T92
     6   G   g    P132   T66
     7   D   d    P176   T88







弦を切るときはカッターで楽器を傷つけないよう気を使います。かつては、小型の工作用ニッパを使っていましたが、最近は、先端が丸くなっていて誤って当たっても傷が付きにくいカッターを使っています。
刃先が弦を囲んで掴むので弦が逃げることがなく、小さな力で安定して切ることができます。

0 件のコメント: