2007年12月19日水曜日

German Theorboが一大事


Jorge Sentieiroのジャーマンテオルボがこうなってしまいました。
練習中にいきなり事件は起こったんです。

まだ、3年も経っていない楽器です。この製作家はリュート製作以前に、木工技術に問題があるかも。

加納さんに直してもらいましたが、4週間もかかりました。着手は早かったのだが、断面が薄いので、どう修理するか考えていたと言われていました。
でも、綺麗に直っています。加納さんに感謝です。


0 件のコメント: